触ると表面がはがれてしまうランドセルの加工例

わたしと同世代(1970年代生まれ)の姉妹のもので、下の記事で紹介している学生鞄と同時のご注文です。

「粉が飛び散りますので、梅田さんの健康を害さないように作業して下さい」とお手紙をいただきました。
そうですね、粉が鼻の穴に絶対入るので(笑)気をつけます。

写真を見ると1つしか作っていないように見えますが、2つ作りました。

e0112221_23505442.jpg

どの部分が使われたか、色のはがれ具合から何となくわかりますよね?
2つ付いているカシメ(金具)は再利用成功。
e0112221_23524025.jpg


e0112221_23511475.jpg

縁どりのテープの部分。これを使いたいのでやさしくそーっと外します。
でも下にいっぱい粉が…

e0112221_23513270.jpg

背中の芯地がボール紙だったせいか、ベルトが金具ごと抜けてます。
青のヒモで応急処置してありますね。
e0112221_2353185.jpg


e0112221_23515197.jpg

マドのまわりは、赤がはがれてまっ白です。
手縫いするときに全部取れてしまいました(下の下の写真)
e0112221_23532047.jpg

e0112221_23522180.jpg


同じようなランドセルをお持ちの方で、注文しようかどうしようかお悩みの方の参考になればと思い、紹介させてもらいました。
たくさんの工程があり、どんなに気をつけてもこのように表面がはがれて白くなってしまうのは避けられません。
合成皮革の一部の年代のものの中に、こうなってしまうランドセルがあるようです。
今回ご注文いただいたお客様は、引っ越しを機にミニ化する決意をされたそうです。

お礼のメールをいただきました。
--------
本当にかわいいです。ランドセルも作って下さってm(._.)mなんだか鞄がさらに小さくなったせいか自分がもっと歳をとったんだな〜と実感させらせました。なんたか懐かしくて眺めてます。鍵っ子だった私はランドセルのファスナー部分にいつも鍵とおやつ代をいれてくれた事を思いだしました。本当に懐かしい。お聞きしたいのですが何かで色をつけたりしたら駄目でしょうか?もしくはニスみたいなもので、やっぱり粉が結構でてしまうようなので、何か良い方法がありましたらおしえて下さい。お手数かけますが宜しくお願いします


粉対策については、わたしも知りたい。というのが答えです。
どうせだったらキレイに作ってお返ししたいのですが…お役に立てずごめんなさい。
そのランドセルを作った鞄屋さんも、6年間お勉強道具を運べるためのものを作っているはずなので、まさかこのように将来持ち主を困らせることになるとは思いもしないですよね。
やさしくそーっとしまっておいて、たまに出して懐かしく思い出して下さい♪
ありがとうございました。

--------

ミニランドセル 梅田皮革工芸

[PR]
by hakodateume | 2007-08-18 00:22 | 加工例 ランドセル


<< ただいまの納期 神奈川県 S様 >>